メニューを飛ばして本文へ

根本 匠ねもと たくみ

元厚生労働大臣
元復興大臣
衆議院東日本大震災復興特別委員長
自民党中小企業・小規模事業者政策調査会長
衆議院議員 福島第2区(郡山市・二本松市・本宮市・大玉村)

そのとき、
匠が動いた!

子ども元気復活交付金

東日本大震災における東京電力福島第一原子力発電所の事故により、福島県内の子ども達は屋外での活動を制限され、真夏でも屋内での活動を余儀なくされました。屋外でのびのび遊べないストレスや運動不足により子ども達の体力は低下する一方、肥満は増加し、ご両親の不安は一層募りました。郡山市は、屋内運動施設を作って欲しい旨の陳情を当時の民主党政府に続けていましたが、政府が動くことはありませんでした。放射線への不安も募る一方で、除染をしても既存の屋外遊具では子どもを遊ばせたがらないという現実がありました。そのような中、郡山市と郡山医師会が子ども達の明るい笑顔を呼び戻すために立ち上げた「郡山市震災後子どもの心のケアプロジェクトチーム」は、株式会社ヨークベニマルから郡山市横塚の土地・建物等の提供を受け、東北最大となる屋内遊び場「PEP Kids Koriyama(ペップキッズこおりやま)」をオープンさせました。

そのとき、
匠が動いた!

体力が低下し肥満は増加するという子ども達の現状を目の当たりにしていた根本匠。「福島復興のためには子ども達の活力が必要。日本一住みやすい、育児をしやすい、学びやすい魅力ある地域を創る」との考えから、復興大臣に就任してすぐに「子ども元気復活交付金」を創設。福島県内の自治体や私立の保育所・幼稚園が園内遊具の更新や、365日、雨や雪の日でも遊べる全天候型の運動施設の整備、さらには子ども達の遊びや運動への興味を引き出し、心のケアをも担う「プレイリーダー」の育成など、ハード・ソフトの両面で、子ども達が思う存分運動できる環境の整備に役立ちました。除染したにも関わらず、不安がって遊ばせようともしなかった屋外遊具も、一新することで子ども達が戻ってくるようになり、子ども達の体力増進・肥満解消につながりました。