メニューを飛ばして本文へ

根本 匠ねもと たくみ

元厚生労働大臣
元復興大臣
衆議院東日本大震災復興特別委員長
自民党中小企業・小規模事業者政策調査会長
衆議院議員 福島第2区(郡山市・二本松市・本宮市・大玉村)

PROFILE

プロフィール根本匠ってこんな人

元厚生労働大臣 元復興大臣
衆議院議員 根本匠

昭和26年3月7日
(1951)
郡山市生まれ。赤木小、郡山五中、安積高校。
昭和49年4月
(1974)
東京大学経済学部卒業後、建設省入省、各局を歴任。米国で都市政策研究。三重県出向。
「花と緑の万国博」も担当。
平成3年
(1991)
建設省退官。福島に戻り、政治家を目指す。
平成5年
(1993)
第40回衆議院議員選挙当選。
政策集団「アクショングループ」等結成。
国会で皆勤賞。
平成8年
(1996)
第41回衆議院議員選挙当選。(連続2回)
日本経済の“がん”と言われた不良債権処理に取り組む「金融再生トータルプラン」等新しい政策を政府に先んじて次々と立案、「議員立法の根本匠」と呼ばれ、成立させた議員立法の数はトップ。
平成10年
(1998)
「政策新人類」の呼び名を得、英紙「フィナンシャルタイムズ」等に登場、海外からも注目。第1次小渕内閣の厚生政務次官に就任。
「年金・医療・子育て・介護の根本匠」と高い評価を受ける。「子どものこころとからだ危機突破議連」等立ち上げ。
平成11年
(1999)
「CNN」の人気番組「Q&A」に生出演。世界中の視聴者から寄せられた質問に的確に答え、好評を博す。
安倍晋三、石原伸晃、塩崎恭久の同志と「NAISグループ」結成。
平成12年
(2000)
少子化問題委員長、国会対策副委員長等。
第42回衆議院議員選挙当選。(連続3回)
平成14年
(2002)
小泉内閣で、総理大臣と4人の大臣を補佐する異例の内閣府副大臣兼総理大臣補佐官に就任。
経済財政、国民生活、道路公団改革、行政改革、食品安全、産業再生、構造改革特区の七分野を担当。
平成15年
(2003)
第43回衆議院議員選挙当選。(連続4回)
衆議院経済産業委員長に就任。
平成16年
(2004)
自民党広報本部長に就任。党改革実行本部副本部長を兼任。
平成17年
(2005)
改革自民党、新世代自民党の中心として福島2区で初の5期連続当選!!
平成18年
(2006)
第一次安倍内閣で総理大臣補佐官に就任。
総理官邸で総理の右腕として官邸主導。羽田空港の国際化など「アジア・ゲートウェイ構想」はじめ、経済成長・国家戦略、社会保険庁の解体など、総理を徹底的に補佐。
平成19年
(2007)
「アジア・ゲートウェイ構想」は「骨太の方針」に盛り込まれ、順次実現へ。
いわゆる「ねじれ国会」となり、党の国会対策委員会副委員長、議員運営委員会法案担当理事となる。
80本の法案をさばき、野党から一目も二目もおかれる。
平成20年
(2008)
「日本の活力創造」特命委員会座長となり、「日本の活力創造総合戦略」を策定。
経済財政・総合調整を担当する政務調査会副会長に就任。雇用はじめ企業政策、中小企業と農業戦略、地方再生はもとより医療・子育て支援など、直面する難題を一手に引き受け、日本活性化のために心血を注ぐ。
平成21年
(2009)
臓器移植法改正案D案(根本案)を提案。
平成22年
(2010)
新生自民党「東北志士の会」結成。
平成23年
(2011)
東日本大震災直後、郡山市長から郡山市防災対策アドバイザーの委嘱を受ける。
平成24年
(2012)
第46回衆議院議員選挙に当選し国政復帰(6期目)。
第二次安倍内閣で復興大臣・福島再生総括大臣を拝命(2014年9月3日まで、在任期間は617日と戦後最長記録を更新)。
平成26年
(2014)
第47回衆議院議員選挙に当選(7期目)。
自民党金融調査会長、税制調査会副会長、東日本大震災復興加速化本部常任顧問に就任。
平成29年
(2017)
第48回衆議院議員選挙に当選(8期目)。
自民党金融調査会長としてフィンテック、レグテック、ブロックチェーン技術を政府の成長戦略に。
9月、自民党憲法改正推進本部事務総長に就任。
平成30年
(2018)
自民党憲法改正推進本部事務総長として、自民党憲法改正4項目素案を策定。
10月、厚生労働大臣を拝命。2019年9月11日まで務め、その間、2040年を展望した社会保障改革、働き方改革、さらに厚生労働省改革などを推進。
令和2年
(2020)
衆議院東日本大震災復興特別委員長に就任、自民党中小企業・小規模事業者政策調査会長、税制調査会副会長、社会保障制度調査会会長代理、憲法改正推進本部顧問、金融調査会顧問、住宅土地・都市政策調査会顧問、選挙対策委員長代理、人生100年時代戦略本部長代理、東日本大震災復興加速化本部長代行、公共工事品質確保に関する議員連盟会長、自民党福島県支部連合会 会長、宏池会(岸田派)事務総長、新生自民党「東北志士の会」代表、東京農業大学客員教授、新風匠塾塾長等を務める。主な著書に、「政治家根本匠の生き方ー政策本位の政治で日本は変わる」(テラ・コーポレーション)、「日本経済起死回生トータルプラン」(光文社)、「日本再生 構造改革の全貌」(径草社)、「自民復権」(幻冬舎)、「真の政治主導ー復興大臣617日」(中央公論)、「疾風に勁草を知るー厚生労働大臣 根本匠の軌跡ー」(中央公論)等々。

根本匠ってこんな人

背が高そうだけど?
身長174cm。体重は60kg台です。ついでに言うと血液型はAです。
学校は?
高校まで郡山です。昭和26年3月7日、咲田で生まれ、赤木小学校、五中、安積高校。大学は東京大学経済学部、卒業して建設省、現在の国土交通省、に入りました。(政治家を志し、平成3年退官。)
家族は何人?
妻・長男夫婦と孫・長女の6人家族です。愛犬二匹も加えると8人かな。
青の背広姿が多いようですが?
青系のスーツが好きです。青だと落ち着くんですよ。
趣味は?
読書に水泳、音楽鑑賞といったところです。
好物は?
アイスクリーム。大好きで、毎日のように食べてます。
愛読書は?
城山三郎さんの「男子の本懐」。
座右の銘は?
「自ら計らわず」と「疾風に勁草を知る」。
お酒は?
日本酒とワインが好きです。量?少々、たしなむ程度です(笑)。