メニューを飛ばして本文へ

根本 匠ねもと たくみ

元厚生労働大臣
元復興大臣
衆議院東日本大震災復興特別委員長
自民党中小企業・小規模事業者政策調査会長
衆議院議員 福島第2区(郡山市・二本松市・本宮市・大玉村)

そのとき、
匠が動いた!

美術館通り

昭和62年より分譲を開始した郡山東部ニュータウン。平成4年には郡山市立美術館が開館と、郡山市東部エリアの開発が進む一方、そこまでのアクセスは相変わらず不便なままでした。そこで、これらのアクセス改善のため「美術館通り」が計画され、平成8年には東部幹線から東部ニュータウンまでが開通しました。並行して、最大の障壁である郡山駅西口へとつながるJR線路下のトンネル工事も計画されていましたが、トンネル工事には総額20億円くらい必要なところを、毎年5億円の予算では遅々として進まず、工事が行き詰まってしまいました。

そのとき、
匠が動いた!

平成5年に衆議院議員に立候補し初当選した根本匠の選挙公約の一つであった「郡山駅西口再開発の推進」。その最終課題がこの「東口への横断トンネル」でした。根本匠は2つの財源に着目します。一つは、毎年5億円が事業計上されていた当初予算だけでなく、補正予算でも予算をつけるということ。もう一つは、このトンネルが東部幹線から郡山東部ニュータウンまでの「美術館通り」に接続するところから、ニュータウンに必要となる道路や公園などの整備を目的とした「ニュータウン関連公共施設整備予算」を活用するということ。これらを事業費にすべて充当することで単年度で41億円を確保。この事業費をフル活用することでJR線路下のトンネルを一気に開通させることができたことに加え、美術館通りにふさわしい明るい照明と壁面デザインを施すことができました。